悩みの種 タブレット端末

ブロガも入力インタフェースが改良されて書きやすくなった。
Android端末Sony Tablet S[SGPT111JP/S]まどで使いやすそう。
お試し価格ではなのでなかなか手が出せない。もう少し足せばvaio-cが買えてしまう。

先日購入意欲沸騰に相当悩んだが、結局祖母が帰ると同時に冷めてしまった。
回線のない旧携帯でメールの練習をしていた祖母を見ながら、
押しているボタンに目がいっているようで気が付けば、
「あ」を5回以上押して「お」を探る姿に、
タブレット端末で初めてみるのもどうなのだろうかと。
いやそれでも押している文字に意識集中してしまうのだろうかなどと。

ただタブレット端末が一般に普及しているとは思えないのがネックだった。
携帯ならほぼ誰でも持ってる時代だから、祖母が披露する場もあるわけで。
周りに使用者がいないいわば専用端末をゆだねるのはどうかと。

携帯では小さく、タブレットでは大きすぎる。
小説単行本ぐらいのサイズで、
「現場のPCのデスクトップみたくアイコンてんこもり」でない、
基本シンプルな端末が欲しいものですね。

2012-02-02 追記

携帯電話のAndroid端末を手にした。
約4インチでも携帯するには大きく感じる。
Androidマーケットを眺めていても、
必要以上の権限や広告付きのものばかりで、
気軽にAndroid端末をプレゼントしてやるには危険としか言えない。

それは分かっていたことだけど、
この危険な部分を改善してくれないと捨てるしかないね。