頸肩腕症候群

2010年頃から始まった。特に手の脱力感。めまいの持病もあるので分かり難いのだが。肘内側の痛みが強まったのは昨晩。とにかくこの苦しい症状をなんとかしたい。

自覚症状

モアヘルスカイロプラクティック:腕・肘の痛みの要約。

  1. ひどい肩こり、首、背中の筋肉が常に張っていて痛い
  2. 手、指がしびれる、腕や手の冷え感
  3. 手の力が入りにくい
  4. 腕の筋肉が重だるい、使うとすぐに疲れて痛みがでる
  5. 頭痛やふらつくめまい
  6. 目の前が真っ白になるなど

[関連記事] 頸肩腕症候群 - Wikipedia 過労性疾患 - 芝大門クリニック

2011 病院でこの症状だからと聞いたら、そういうのもあるけど違うと言われた。 結局、せめて症状と病名を結び付けてくれることもなく解決なし。 ネットで症状を調べながら、神経内科詳しいと直接行ってみた。 とにかく正常値内とのことで、いつものこと解決なし。

2012 now ホームドクターを通さずに、とにかく直接行くと良くないらしい。 昔お世話になった医院にまたお願いし、 前回正常と判断してくれた神経内科へ潜り込むこととなった。 前回の担当医とは異なり、丁寧な診察。各種検査を行い、当然正常値内。 体に異常を感じ始めた、最年少時期を聞かれた。 その頃より、ちり積もった本人には良くない成長を遂げたとの解釈。 脳波に気に留めないほどのノイズ/違和感より、 デパケンを勧められ、服用し始めた。

[続編] Depakene-R 服用手記