めまいと漢方薬

Dizziness and Chinese medicine(エキサイト翻訳で直訳)

ここ最近、

常に「酔う乗り物」にいるような感覚で日々を過ごし、
2-3時間以内に発作的に座ってすらいられない、
吐き気や頭痛もあるし、異様な状態で悩んでいる。

水曜日にでもメンテ(ぁ)病院にでも行こうと思うのだが。
病院って待ってる間に違う病を貰いそうな、
あのどんより感が苦手なんですよね…。

いきなり内科に行っても、たらい回しにあうので、
一応症状をキーワードに調べてみると、やっぱり耳鼻咽喉科みたい。
このクリニック、もし近くならいいんですけどね。(筆者:関西)
個人的に、生薬や漢方薬が効くので、地元の先生に聞いてみよう。

補中益気湯 半夏白朮天麻湯 苓桂朮甘湯

以下引用/参照元:笠井耳鼻咽喉科クリニック 自由が丘診療室

めまいの種類と特徴
1. 頭位性めまい:(一部略)繰り返し、数秒から長くても数分の短時間、激しくめまいが起こり、吐き気などが伴います。その後に強いめまいが無くなっても、歩行中ふわふわ浮いた感じがすることがあります。
2. 前庭神経炎:ある日突然激しい回転性めまいが起こり、約1週間くらい続きます。その後しだいにめまいは軽快し、約1ヵ月で消失します。
4. 緊張性頭痛に伴うめまい:長時間のデスクワークや車の運転の後、後頭部から頚の激しい痛みとともにめまいや吐き気が生じます。後頭部に局限した圧痛点のあるのが特徴です。
8. メニエール病:数十分から数時間のめまいが断続的に繰り返しておきます。

めまいに用いられる漢方薬
めまいによく用いられる方剤として、補中益気湯(ほちゅうえっきとう:エネルギーの不足から立ち上がった時に血圧が下がり、ふらつく)、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう:身体がむくんでいて、乗り物酔いのような症状)、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう:イライラしていてのぼせて目が回る)などがあります。